解体工事のことなら専門業者に依頼|コストについて

作業者

解体作業の手順

重機

工事は様々な工程がある

大阪で解体工事をする際には、必ず解体工事専門の業者に頼むことになりますが、その際の一連の流れはほぼ共通しています。まず最初に解体する建造物の持ち主が工事業者に見積依頼を行います。すると担当者が対象とする建造物まで見積もりに来てくれてその場で工事額の提示があります。依頼主が提示価格に納得した場合に契約が行われ、その後解体工事業者は公官庁への届け出を行い、近隣住民がいる場合には挨拶回りや説明を行います。解体工事に入るとまず最初に建物の建材の内装部分の解体を手作業で行い、その後骨組み部分やコンクリートに基礎部分の解体を行います。大阪の場合近くに建物があるケースが多いので、それらの建物に対して粉塵が飛ばないように足場を組み立てて配慮を行って解体が進められます。この際にアスベストなどが使われている建造物ではそれらの処分も厳重に行います。手作業での内装解体が終わった後の段階で重機が入り、建造物と基礎部分の解体は完了します。大阪の業者では解体が終わった後に責任を持って廃棄物を処分してくれるので、依頼主が処分業者を探す必要はありません。建物がなくなり更地になった地面を平にし、必要に応じて砂利を敷き詰めたり、舗装も行います。大阪で解体工事を行う際にはほとんどがこのような流れで実施されますので、解体工事業車を選ぶ際には、一括見積りを使うか自分で信頼できる工事業者を探して見積もりを任せるのが業者選びに失敗しない方法です。